So-net無料ブログ作成

鳩山首相の元公設秘書に有罪判決 禁固2年猶予3年(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪に問われた懇話会の会計事務担当だった元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の判決公判が22日、東京地裁で開かれた。平木正洋裁判長は禁固2年、執行猶予3年(求刑禁固2年)を言い渡した。

 現職首相の元秘書が立件された異例の公判は、夏の参院選への影響を配慮し、初公判から1カ月足らずで結論に至った。

 一連の事件では会計責任者だった元政策秘書を同法違反(重大な過失)罪で略式起訴、罰金30万円と公民権停止3年の略式命令となった。鳩山氏は嫌疑不十分で不起訴処分とされた。

 起訴状によると、勝場被告は平成16〜20年、故人や実際には献金していない人からの個人献金計2億700万円を懇話会の収支報告書に記載したほか、政治資金パーティー収入も約1億5300万円水増しして記載。また、鳩山首相の関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」(北海道室蘭市)の収支報告書に17〜20年に実母と実姉から受けた献金計1200万円を記載せず、パーティー収入約3千万円を水増しして記載したとされる。

【関連記事】
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」首相元公設秘書
「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」弁護側の最終弁論
首相「責任感じる」でも「使命果たしたい」
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」
首相みたいな身分になってみたいよ…渡部恒三が語る

<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
橋下知事のキャッチフレーズ、府が使用自粛(読売新聞)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。